ヤマハが10万円台の電動バイクを来年にも発売すると発表した。情報元の朝日新聞によると、柳弘之社長がインタビューで明らかにしたもので「バッテリーのコストを下げ、エンジン車と同程度の価格を目指す」という。モーターは原付免許で運転可能な定格出力600W以下とし、航続距離も現行モデルのEVである「EC-03」の1回充電43キロから大幅に伸ばす予定だ。

ガソリン価格の高騰が続く中、「性能や価格で条件を満たせば、日本でも普及が進む」(同社長)との狙いがある。生産は電動バイクの普及を政策として進めている台湾で行い、日本と台湾で販売する計画となっている。

今のところ、具体的なモデル名などは明かされていないが、2013年の東京モーターショーに参考出品された「EVINO」(イービーノ)である可能性が大だろう。レトロポップなスタイルで人気の「Vino」をベースとし、近距離移動の手頃なコミューターとして必要な機能は備えつつ購入しやすい価格帯での提供を目指したEV スクーターである。環境性能に加え、繊細なモーターの制御によるスムーズな加速を実現。前後荷重の最適化を図ることで低速での操縦性能を確保し、充電環境にも配慮した着脱式バッテリーや回生充電システムなども装備しているはずだ。

14_EVINO_4